2010年10月01日

押尾学、裁判を続ける金がない!? パトロン不在で年老いた両親に破産の危機

保護責任者遺棄などの罪で懲役2年6月の実刑判決を受け、量刑に不服があるとして即日控訴した押尾学(32)。検察側が判決に控訴しない方針を決めたため、東京高裁での二審では一審判決よりも重い刑にはならない。押尾としては何としてでも執行猶予判決に持ち込みたいところだろうが、ここにきて押尾側に裁判費用などの経済的な問題が浮上している。 押尾は拘置所暮らしに疲れたらしく、接見した弁護士に「広いところを走り回りたい」などと漏らし、裁判所に保釈を申請。

お母さんは パートに 行ってるみたい  
posted by さかちゃん | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あっちゃんの独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。